コンテンツマーケティングで潜在顧客を掘り起こす!

 

更新が大分滞っておりました(^_^;)

本業でコンテンツマーケティングを行っているのですが、そっちの記事を書くのに相当時間取られてます・・・。

このブログのように自分の書きたいことを書けないので、結構しんどい作業です。

今日は執事が取り組んでいるコンテンツマーケティングに関して、ご紹介をさせて頂きます!

分かりやすく簡潔にまとめたので、かなりざっくりとした紹介になってます!笑

f:id:tatsug:20171019174351j:plain

 

「コンテンツマーケティングとは」

本質を一言で表すと「ユーザーが知りたい!知って良かった!と思える記事を公開し続けることで、ユーザーにファンとなってもらい、最終的に商品を購入してもらう」ということです。

実際にユーザーが何を知りたいと思っているのか?という点を見抜いて記事を書かなければならないので大変なのは勿論のこと、ユーザーが本当に知りたいことは何なのか?ということはキーワードからは読み取れません。まさに顧客のことを深く考えなければいけないのが、このコンテンツマーケティングです。

 

 

「コンテンツマーケティングを何故やるのか?」

 これも疑問に思われる方が多いのですが、執事たちは潜在顧客の掘り起こしのためにやっています。執事の取り扱う防音マンションは、認知がまだ広まっていないので、記事によって情報を拡散して顧客を育てていくという方法として、コンテンツマーケティングを選びました。

 記事の内容も賃貸マンションからは遠い内容で、楽器の上達方法や練習場所に関して等、音楽に関するあらゆることを題材にして、潜在顧客の掘り起こしを行っています。

 

 

「潜在顧客とは?」

 例えば、グーグル検索で「東京 賃貸 防音」と入れて検索している方は、防音マンションを知っていてかつ今すぐ入居をしたいという方(今すぐ客と呼びます)です。

こういった顧客とは違い、「ドラム 練習 自宅」と検索している人がターゲットとなります。今すぐ防音賃貸は必要としていませんが、ドラムを自宅で練習するには防音対策をしなければなりません。その方法を伝えると共に、防音マンションという物があることを知らせて誘致するという形です。つまり、コンテンツマーケティングを行う上での潜在顧客とは、今すぐにその商品を必要としていないが将来的に商品を必要とするであろうという人を指します。

 

 

「今、コンテンツマーケティングが流行る理由」

 正直、現代の人はPUSH型の広告には飽き飽きしています。また、あからさまなアフィリエイトにもウンザリしている方は多いと思います。そんな中で、本当に必要なことを教えてくれる有能な記事にこそ価値があり、人の信頼を得ることができます。

 技術的な面でいうと、グーグルのクローラーが良い記事を上位表示する仕組みに変わったことも大きいですね。

 

 

「まとめ」

・コンテンツマーケティングは潜在顧客を引き起こす

・良い記事を書き続けることが必要

 

「執事の不動産経営奮闘記」ブログランキング参戦中!クリックで応援をお願いします!!


不動産ランキング