トイレに行けない時の特効薬(過敏性腸症候群に効くイリボー)

下痢で悩まれている皆様へ。

今の世の中、結構多いみたいですね。

執事も一度病院に行き、過敏性腸症候群と診断を受けましたが、結局病名が付いたとしても具体的な対応策って中々無いみたいです。

しかも年々、下痢の内容がひどくなってきている気がするm(__)m

執事の下痢とのお付き合い歴は、こんな感じです!

 

中学~25歳位:緊張する・トイレに行けない状態や空間にいると行きたくなる。

25歳~30歳位:上記+ラーメンや焼肉の後は必ず下痢。

30歳~現在:上記+油が多い食べ物・生ものを食べた後は必ず下痢。

 

最近は、外食=ほぼ下痢という図式が成立してきており、食事後のトイレタイムが取れない状態の場合は食べないという選択をしているくらい酷いですね。

逆に下痢にならない食べ物といえば、コンビニのおにぎりや菓子パンくらいです。

 

そんな執事のお勧めトイレランキング!

1位:パチンコ屋(トイレ数も多いし、圧倒的に綺麗!)

2位:デパートの女性物フロア(男性が少ないので、非常に空いている)

3位:家電量販店(各フロアにあることが多いので、絶対数的に候補となる)

 

しょーもないランキングですが、切羽詰まった状態になった時は有効ですよ(^^)

コンビニや駅のトイレは、空いていないことが多く、結構汚いケースもあるので敬遠した方が無難です!

 

そんなお腹の悩みと長年付き合っている執事ですが、近年素晴らしい「お薬」に出会いました。まさに下痢気味の人々の特効薬ともいうべき薬です!

前書きが長くなってしまいましたが、本日もブログは過敏性腸症候群の方や疑いのある方に効果的な二つの薬に関して書きます!

 

「イリボー」

f:id:tatsug:20170510115015j:plain

名前は何だかな~といった感じの薬ですが、これは効きます!

これさえ飲んでいれば、ラーメン等を食べても下痢にならない(下痢にはなるが、ある程度我慢をできる)状態になります。※執事は昼に天丼、夜にラーメンのコンボをかました時には流石に下痢になりましたが(^_^;)

また、トイレに行けない状態になると行きたくなる(車や電車移動等)といった症状も、この薬を飲んでいれば症状が出ません。

この薬との出会いは、日常に安心感をもたらします!

執事のような症状でお悩みの方は、是非この薬を飲んでみて下さい!

 

トメダイン

f:id:tatsug:20170510115026j:plain

薄いオブラートのような物を舐めるという薬ですが、緊急時に凄い効果を発揮します。

例えば、特急電車に乗っていて、停車駅まで後10分以上かかるけれども、お尻は限りなく限界を迎えているといったケースの時。

この薬を舐めると、お腹の痛みがみるみる引いて行きます!

漏れるという限界値から、後10分程度は余裕だ!という風に劇的に変化しますので、もしもの時のために財布に忍ばせておくことをお勧めします。

 

とりあえず旅行や重要な会議等の日にはイリボーを飲んで行動し、更に保険としてトメダインを持っていれば、急な下痢に完璧に対応できるかと思います。

ビオフェルミン正露丸では過敏性腸症候群の問題は解決しません。(少なくとも執事には無意味でした。)

 

是非、イリボーとトメダインの2種類の薬をお試し下さい!

 

ブログランキング参戦中!クリックで応援をお願いします!!(今回の記事、全く不動産に関係無いですが。笑)


不動産ランキング