読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非常識な入居者 CA編

執事が驚いた入居者シリーズ。

前回は精神を病んだ入居者のことを書きました。

過去記事はコチラ↓

 

http://tatsug.hateblo.jp/entry/2017/04/05/101221

 

今回は非常識なCA(スチュワーデス!)

なんか世間ではCAって憧れの存在みたいに思われてるみたいですが(男ならコスプレさせたいとか思ったこと一度はあるのでは?笑)、高嶺の花というイメージ先行だけで実際は、世の中舐めてますよね?といった方もたくさんいる。

今回はCAだけにCさんとして、執事との面白い(執事はイラついただけですが)やり取りをご覧下さい。

 

「窓ガラスを割ったこと(過失)を認めないCA」

C「仕事から帰ると窓ガラスが割れていたんですが・・。」

執事「室内の物が落ちて、当たったとかではないんでしょうか?」

C「窓の近くに何も置いていないので、そういうことは無いと思います。」

執事「状況を確認したいので、一度お伺いさせて頂いてもよろしいでしょうか?」

C「よろしくお願い致します。」

近くの物件だったので訪問。壁にCAの制服掛けていらっしゃる!ちょっとドキッとしちゃったぜ(^_^;)

執事「この割れ方を見ると、ベランダの方に破片が飛び散っていますよね?ということは外からでは無く、室内からの衝撃で割れたということかと思いますが」

C「でも私が在宅している時なら割れれば分かりますし、長期のフライトから帰って来てから気付いたので」

執事「Cさんのお話は分かるのですが、破片の飛び散り方を見て頂くと、どちらから衝撃を受けたかというのは、ご理解頂けますかね?」

C「それはそうなのかもしれませんが、でも私じゃないんです。気味が悪いので退去しようかとも思ってます。」

時期は6月の閑散期、ここで退去されると募集に時間が掛かってしまう・・・。

執事「とりあえずオーナーに話をして、費用負担がCさんに掛からないように交渉してみますよ。」

C「本当ですか?是非よろしくお願いします。」

コイツ、急に眼の色かえやがった・・・。

結局、費用を払いたくないために、ゴネていただけでした。

時期的に退去されると困るので、熱膨張で割れたと(6月では無理があるが。笑)説明し、オーナー負担で交換すると伝えると、退去することなく二年以上住み続けていました。

 

「管理会社を奴隷?と思っているCA」

C「部屋の電気が点かないんですけど」

執事「廊下等の電気は点くのでしょうか?」

C「部屋以外は点きます。球切れだと思うんですよね。」

執事「それでしたら、ご自身で交換をお願いします。」

C「話聞いてましたか?交換できないから電話してるんですけど」

この女、何いきなり半ギレしてんねん・・・。

執事「交換できないというのは、設置器具等が壊れているのでしょうか?」

C「天井に手が届かないのです。それくらい話さなくても分かるでしょう。」

この女、どこのお嬢様やねん。アホか。

執事「管理会社は電球の交換までは対応しておりません。ご自身でお願いします。」

C「だから、それができれば電話なんかしてません。電気点かないまま暮らせって言うんですか?」

知るかボケ。

執事「電気屋から電話を入れさせますので、そちらで対応して下さい。」

C「そうですか~。分かりました電話お待ちしてます。」

室内の電球を換えることができない女。それを管理会社にやらせようと考える思考が終わってる。

 

執事はCAとはお付き合いしません!

CAさんはAVで十分です!!笑

 

ブログランキング参戦中!クリックで応援をお願いします!!


不動産ランキング