読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賃貸の先行契約はキャンセル可能!

花粉症辛いです。

ちょうど30歳になる年に、花粉症を発症して以来、毎年この時期は鼻水が止まりません。

アレグラのジェネリックを処方されたのですが、ほとんど効かない今日この頃。

良い薬を御存知の方は、執事に教えて下さい!!

 

先行契約に関して書いた記事が何故かアクセス数が多いので、皆さん何らかの疑問を持っている方が多いのかもしれませんね。

ネットで見掛ける先行契約はキャンセルできないという見解について、今回は書いてみます!

f:id:tatsug:20170320151449j:plain

 

◆何故、先行するのか。

 これに関して疑問を持つ方も多いかと思います。これは人気物件や新築物件で多いのですが、誰もが入居したいと思えるような良い物件の場合、間取りやマイソク(図面)を観ただけでも部屋が決まってしまうことが要因です。オーナーにとっても、できるだけ早くに部屋を決めてもらった方が、退去後のクリーニング終了後にすぐ入居してもらえますので、その分の賃料を稼げるというメリット等があげられます。

 

 

◆先行申込と先行契約の違い。

 よくキャンセルの有無(先行申込はキャンセル可、先行契約はキャンセル不可)で記載されているブログ等をよく見かけますが、どちらもキャンセルは可能です。

 

 この2つの違いは、先行申込はキャンセル時に費用が掛からず、先行契約の場合は費用が掛かるというのが本当の違いです。

 

 先行申込の場合、申込書に住所や名前といった個人情報を記載して提出するだけです。拘束力は無いので部屋を見て気に入らなければ、○○が思っていたイメージと違うので契約しませんと言えばそれで終わりです(最低限のマナーとして、ブッチは止めましょう!笑)。

正直、建物オーナーとしては先行申込に関してメリットは全くありません。むしろ、先行申込者が内見をして結果が判明するまで、別に入居希望の人がいてもそちらに紹介することができないので、タイムロスを考えるとデメリットのみしか無いですね。

 

 

◆先行契約のキャンセル費用とは。

 では、先行契約後にキャンセルをした場合どうなるのか?これは現実的には起こり得る問題であると思います。例えば転勤等が取り消しとなった場合、新築マンションを先行契約していたが実際に見るとイメージと違う場合等が挙げられます。

 

ここでもう一度言いますが、先行契約のキャンセルはできます!

 

ただし、その場合には先行契約時に支払った費用の一部は戻ってきません。

キャンセルをした際に、戻って来ない費用は仲介手数料と礼金です。

 

仲介手数料に関しては、先行契約締結時に重要事項説明等を仲介業者が行っているため、仲介という業務は完結していると考えられるからです。(重要事項説明等が行われている前であればキャンセルしたとしても、仲介手数料は戻ってきます)

 

礼金に関しては、物件オーナーが先行契約をキャンセルされた場合に何もメリットが無くなることや、仲介業者に業務委託料として支払うというケースが多いため、先行契約キャンセル時に返金をされないのが一般的です。(争えば何とかなるかもしれませんが、先行契約締結時に礼金と仲介手数料は返金できない旨の確認はされているのが普通ですので、覆すのは結構難しいと思います)

 

この他に、前家賃を支払っている分に関しても返金できないという業者がたまにいますが、それは間違いです。次の入居者を募集するための時間が掛かるというのが、そういった業者のロジックですが、そこまでの負担を先行契約者が負う必要はありません。入居前にも関わらず前家賃も請求された場合には、消費者センターに電話をして確認をしますと言えば業者は無理に請求してこないと思います。

 

 

◆先行契約は違法なのか?

 執事の会社も先行契約の情報を出していた所、アホな業者から先行契約は違法だと難癖を付けられたことがあります。そもそも、分譲マンションを購入する時等、当然に先行契約を行っております。何故、賃貸の場合には違法だと訳の分からないことを言われないといけないのでしょうか・・・。

 東京都の不動産課に念のため確認をしたのですが、賃貸の先行契約に関しては違法では無いとの回答を貰っております。ただし、キャンセルの際にどこまで費用を返金するのかは一概に決まりがないため答えられないと言われました。

 こういったことからも、先行契約をする際には、明確に費用規定を特約に入れて置くことが望ましいと思います。

 

 

◆まとめ

・先行契約のキャンセルは可能。

・先行契約のキャンセルを行った場合、礼金と仲介手数料は返ってきません。

・前家賃に対しての負担は必要無し。(返金を要求しましょう)

・先行契約は違法ではない。

 

賃貸はタイミングが重要です。

本当に良い部屋は、先行契約という選択肢も考えないと押さえられないので、事前に良く自分で調査をして(不動産仲介業者は良いことしか言わないですよ!)、先行契約をするかどうかの判断をして下さいね。

 

ブログランキング参戦中!クリックで応援をお願いします!!


不動産ランキング