読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退去時の鍵交換費用トラブル!

 

ようやく引越しの荷物も片付き、先週から同棲生活スタートしました!

 

彼女は新築マンションに住んでいたのですが、マンションを借りる際に退去時に鍵交換費用を負担して下さいと言われたと話しておりました。

執事はそれを聞いた時「???」という感じで理解ができなかったので重説を見せてもらった所、確かに特約に記載されている!!

 

当然、これは認められないということで、下調べを行い管理会社へTELしました!

 

 

「鍵交換の負担は誰がする?」

まず、原則として鍵の交換は「任意」です。

絶対に交換をしなければいけないという考えは、そもそも間違いなのでご注意下さい。

そして交換をする場合、平成16年の国土交通相が定めたガイドラインには、貸主が負担するべきものであるという記述があります。

このガイドラインには法的な強制力はないものの、訴訟などで判決を出す場合には参考にされることが多いので、まったく法的な効力が無いわけではありません

※ただし、鍵を紛失していた場合等には借主の責任になります。(当然ですが)

f:id:tatsug:20170221143757j:plain

 

 

「契約書に記載されていても大丈夫」

 

次に、今回のように重説の特約に「鍵交換費用は退去時に借主が支払う」という記述がある場合です。この場合でも一概に費用請求ができる訳ではありません。

なぜなら、契約書とは両者合意のもとに行われたことを証明するものであって、その内容にもし法的な根拠や社会通念上問題がある内容があった場合には、その契約を後で覆す事が可能だからです。

特に今回のようなB to C契約の場合(貸主法人、借主個人)、基本的に個人は消費者保護法でも保護されるため(消費者に不利な契約は無効)、より借主の立場は強いものになります。

従って、契約書・重説に記載があるからといって、それが必ず有効になるということではありません。

※B to B契約(貸主法人、借主法人)の場合、これはお互いが企業で立場は対等であるということから、借主側に不利な内容であっても契約書等で合意がされていれば覆すことが難しいです。

f:id:tatsug:20170221144202j:plain

 

 

 

「さあ、主張しよう!(実践編)」

執事:スミマセン。2月に退去する者ですが退去に関して教えて下さい。

 

某企業:お電話ありがとうございます。お名前と物件名を教えて下さい。

 

執事:物件名は○○です。入居者は△△で、今電話をしている私は入居者の婚約者です。(彼氏というよりも婚約者と言った方が、利害関係の立ち位置が近い印象を与えるので。尚、婚約はしてません!笑)

 

某企業:確認が取れました。どのようなご質問でしょうか?

 

執事:退去の際に鍵の交換費用を支払って下さいと言われたと、婚約者が言っているんですが?

 

某企業:そうですね。契約書にも記載させて頂いておりますが、退去の際には鍵の交換費用を住まれていた方に支払って頂く必要がございます。

 

執事:新築マンションで入居しているのに、借主が鍵交換費用を負担するんですか?

 

某企業:弊社はそのような形で契約を取りまとめております。

 

執事:私は不動産の会社を経営しています。御社が同じ物件の別部屋で募集を掛けられているのを見ましたが、入居時の初期費用で鍵交換代が掛かると記載がありました。今回、婚約者が支払う鍵交換費用はどういった扱いになるのでしょうか?御社は二重に鍵交換費用を取るんでしょうか?

 

某企業:募集の内容に関して、私は存じ上げません。契約書に記載させて頂いている通りです。

 

執事:国土交通省ガイドラインに鍵交換費用は貸主側の負担という記載がありますし、契約書に記載されているから問題無いという考え方は難しいと思いますよ。御社のガイドラインに対する考え方を教えて頂けますか?

後、清掃費が私の知る一般的な価格より10,000程度高いと思いますが、御社は清掃業者に結構上乗せしてるみたいですね。

 

某企業:スミマセン。詳しい者に電話を変わらせて頂いても良いでしょうか?

 

執事:大丈夫ですよ。是非、詳しい方にお代わり下さい。

 

(5分程待たされる。)

 

某企業:お待たせしました。××と申します。鍵交換の件でお問い合わせを頂いていたかと思いますが、お間違い無いでしょうか?

 

執事:はい。清掃代の上乗せを行っている業者は多いので、そこに関しては問題としませんが、鍵交換費用の支払いに関しては納得できないのですが?

 

某企業:鍵の紛失等をされていないのであれば、鍵交換費用は不要です。

 

執事:最初に電話に出られた方は、契約書に記載しているので払って下さいということを言われておりましたが、支払わなくて大丈夫なんでしょうか?

 

某企業:申し訳ございません。まだ、入社して日が浅い人間なので間違った案内をしていたようです。ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。

 

執事:鍵交換費用を負担しなくて良いなら、それで問題ありません。失礼します。

 

 

以上のような内容で終了しました。

尚、電話後に彼女に確認をした所、確かに鍵を最初受け取った際に、退去時に交換費用を払って下さいと言われたようです(父親と一緒に取りに行って、退去するのに払うの?という会話をしたので覚えているとのこと)。

 

今回は、不動産に詳しい人間が入ってきたので引き下がっただけのような感じでした。

おそらく何も知らない一般の方からは、鍵交換費用を徴収していると思われます。(セコイ企業ですね)

また、通常の清掃費に関しても1K+エアコンクリーニングの場合、相場は35,000円程度です。ほとんどの会社が15~20%を紹介料として、清掃業者の見積もりに上乗せしてピンハネをしているのが実態です。(執事の会社は、そんな所でセコイ稼ぎ方はしないのでやりませんが)

 

 

「まとめ」

・鍵の交換費用支払いは入居時or鍵を紛失した場合にだけ必要。

・契約書に記載されていても、個人に対して不利な内容であれば主張可能(法人は無理)。

・退去クリーニング費用には、手数料が上乗せされているケースが多い。

 

 

ブログランキング参戦中!クリックで応援をお願いします!!


不動産投資 ブログランキングへ