土地更新料を払わせる説明・方法

f:id:tatsug:20170208110654g:plain

 

土地の更新料は割と大きな金額になります。

一昔前までは全借連等の組織が間に入って、なんだかんだと話がこじれることもあったようですが、最近は概ね問題無く支払ってもらえています。

 

執事が考え実行している土地更新料についての値段設定等を書いてみようと思います。

 

「価格設定」

商業地域(駅周辺)は坪20万円、一般の住宅地は坪10万円という基本設定を原則とし、旗竿地等の変形地に関しては坪2万円くらい価格を下げるといった感じです。

 

更新料に関して重要な点は、値下げ交渉を受け付けないということです。

借地は割と密集していることが多いことから、借地人同士の情報交換はかなり行われています。

○○さんの時は、坪□□円だったのに何故私の時は高いの?といったことに繋がり兼ねないので、絶対に値下げ交渉を受けてはいけません。

「エリアごとに更新時の坪単価は設定されておりますので、○○さんだけ値下げをすると不公平になってしまいます。一括でお金が用意できないのであれば分割でも良いのでお支払い下さい。」

上記のように話すと大体問題無く価格交渉は終了します。

 

~要点~

・価格交渉には応じないこと。

・お金が無いという人には分割でも良い。(絶対に払わせることが大事)

 

 

 

「交渉がまとまらない時」

そうは言っても、グダグダと文句を言い続ける借地人も当然いますよね・・・。

 

そんな時こそ強気に行きましょう!

 

地主は土地を貸してあげているのです(ココが重要!)。文句言うなら土地を返せという気概を持って問題無いですよ。

 

引っ越し代払ってあげますから、どうぞ他の所に住んで下さいと言えば良いのです(実際に引越し代を払うだけで土地が返ってきたらラッキーですが)。

 

更に地主と揉めると、どういったデメリットがあるのかを軽く教えてあげれば、まず間違いなく支払いは行われますね。(ここの部分に関しては、後日書きたいと思います)

 

~要点~

・交渉は強気で!(更新料は地主の当然の権利です)

・地主と借地人間でトラブルが起きた場合、借地人のデメリットを教えてあげる。

 

借地人も若い世代に移り変わっており、普通に説明をすれば更新料は問題無くもらえますので、地主の皆さんはキッチリと権利行使を行いましょうね!

 

ブログランキング参戦中!クリックで応援をお願いします!!


不動産投資 ブログランキングへ