読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下がり続ける管理料率

執事の会社は最近まで、グループ会社の所有する不動産の管理だけを行っていたので、他人がオーナーの物件管理をしていませんでした。(温い会社でスミマセン。笑)

新たにグループ会社が投資用収益マンションの1棟売りを始めたため、今後は他人がオーナーとなる物件の管理を受けることが想定されるので、最近は管理委託契約書等の作成に必死になっています。

そんな中で、管理料率を何%に設定するか?
当然、考えなくてはいけないポイントですよね。

執事のグループ会社は防音性能に特化した楽器の演奏できるマンションを展開しているのですが、楽器演奏の管理は結構難しいんですよね。

で、手間も掛かるので5%で!

みたいな設定をしていた所、執事さん夢見てるんですか??等の突込みを多数頂きました。笑

仲介手数料が減り続けているということで、仲介会社の皆さんが管理料1~2%で管理している時代ということを初めて知りました(・.・;)

そんな管理料率で人件費等を考えると割に合わないんじゃないのか?と疑問でしたが、更新料を100%取れる等で充分と考える業者が多いみたいです。

結構悩んだんですが、執事は特殊物件の管理ということで募集方法やSEOのかけ方も違う。他社が管理をしても客付けが難しい!ということを理由に5%の設定は変えないことにしました。

結構、音のクレームとかあると大変なんですよね・・。
その辺は、おいおい書いていこうかとは思ってます!

楽器可の物件に興味がある方、是非コメント等を残して下さいね!!


不動産投資 ブログランキングへ

 

f:id:tatsug:20170131175638j:plain